スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困難と向き合い真実を伝える勇気『HARD THINGS』

HARD THINGS
HARD THINGSベン・ホロウィッツ 小澤隆生

日経BP社 2015-04-17
売り上げランキング : 1005


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トップは真実と向き合う胆力が必要

トップは逃げたらいけない。困難に正面から向き合い乗り越えていく必要がある。分かりやすいやりやすい甘い魅惑に惑わされず、真の道を歩まないといけない。トップは会社の状況をありのままに話さないといけない。信頼なくしてコミュニケーションは成り立たない。トップが真実を語らない限り信頼は得られない。

胆力や勇気は鍛えられる

困難だが正しい決断をするたびに人は少しずつ勇気を得る。逆に安易な間違った決断をするたびに人は少しずつ臆病になっていく。これがCEOの決断なら、勇気ある企業と臆病な企業の差となる。最悪な状況でも少しの可能性を信じて最善の策を打つ。勝負どころでは組織を束ねて一つのことに集中する。

リーダーは人を惹きつける

リーダーシップというのはたとえ好奇心からにせよ、人を自分の後に続かせる能力だが、3つの属性に分かれる。ビジョンをいききと描写する(スティーブ・ジョブス属性)、正しい野心・無私の精神を持つ(ビル・キャンベル属性)、ビジョンを実現する(アンディ・グローブ属性)

スポンサーサイト

物事を長いスパンで考えるための『仕事に効く 教養としての「世界史」』

仕事に効く 教養としての「世界史」
仕事に効く 教養としての「世界史」出口 治明

祥伝社 2014-02-22
売り上げランキング : 4076


Amazonで詳しく見る

世界史勉強中に読んだ一冊。宗教は貧者の(心の)阿片である、という文句が印象に残った。人生の出来事に一喜一憂するのではなく、長いスパンで物事を考えたくましく生きて欲しい、そんな著者の思いが伝わってくる一冊。

私利私欲を捨て組織のためにつくす『リーダーは最後に食べなさい! ―最強チームをつくる絶対法則』

リーダーは最後に食べなさい! ―最強チームをつくる絶対法則
リーダーは最後に食べなさい! ―最強チームをつくる絶対法則サイモン・シネック 栗木 さつき

日本経済新聞出版社 2015-02-25
売り上げランキング : 4664


Amazonで詳しく見る

米海軍ではリーダーはいちばん最後に食事をするのが当然と見なされている。リーダーシップの本質が自分の要求よりも他者の要求を優先することにあるからだ。リーダーは特権を与えられているからこそ部下のことを心から気にかけ、私利私欲を捨てなければならない。だからこそ、部下のほうはどんなときでもリーダーが守ってくれると安心して仕事ができるし幸福になれる。

実行力が結果を左右する『無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい』

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい (ノンフィクション単行本)
無印良品は、仕組みが9割  仕事はシンプルにやりなさい (ノンフィクション単行本)松井 忠三

角川書店 2013-07-10
売り上げランキング : 2240


Amazonで詳しく見る

無印再建・隆盛の立役者松井社長の本を読んでみた。自分に足りていない考え方が盛りだくさんでとても勉強になった。特に気になった点をメモ。やっぱり実行が大事!

挨拶・締め切りなどの基本の徹底

業界の最前線を走り続ける企業に共通していることは「挨拶をきちんとする」「ゴミを見つけたら拾う」「仕事の締め切りを守る」といった基本が社員に浸透していること。人としての基本が組織の風土をつくり、これが最後の砦となって組織を守る。業績が悪化していた時期の無印はこのあたりが崩れていたという。一流の企業、一流のチームをつくり上げるには、毎日小さなこと、たとえば挨拶などを徹底して実行するしかありません。

行き過ぎたホウレンソウは成長の芽を摘んでしまう

常に上司が絡むので、部下の十修正や自分自身で創意工夫しようとする意識が育たない。細かく報告するたびに上司の判断を仰ぐことになるので自分で考えるということをしなくなってしまう。

巨大化するほど実行力がなくなる

組織は巨大化すればするほど、トップと現場の距離は広がり実行力のない、頭でっかちで足腰の弱い組織になる。仕組み作りで重視したのは実行力で一流になること。当日のスローガンは「実行95パーセント、計画5パーセント」。社内で会議や議論をしただけで仕事をした気になることに注意する。

見やすく使いやすい財務モデルの作成術『外資系金融のExcel作成術』

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方
外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方慎泰俊

東洋経済新報社 2014-04-04
売り上げランキング : 3416


Amazonで詳しく見る

学んだ点をピックアップ。

見やすい表

1.色は多くても薄い色2色まで。
2.印刷範囲を白塗りにしておく。
3.外枠は普通の太さの線。内枠は細い線orグレーの普通線。
4.項目は1つの列にまとめ、インデントで見やすくする。セルは結合させない。
5.メインタイトルは2割大きく。行に並べる項目(年月等)は2割小さく。

テクニック

1.数式も置換機能で一括変換できる。
2.形式を選択して貼り付け機能の中にある「演算貼り付け」で、一括加算・減算・除算などが可能。更新した表同士の差分把握などが可能。
3.シナリオ(ケース)を作成した上で、感度分析。データ→What if分析→データテーブル。財務モデルの前提数字をシナリオごとに定めて結果を分析する(シナリオ分析)。また、2つの変数の変化が結果にどような影響が出るかを分析する(感応度分析)。アウトプットの表示にはTEXT関数+&+””を使うと便利。

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。