アヒルと鴨のコインロッカー

4488464017アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎
東京創元社 2006-12-21

因果応報―。これがこの小説のテーマとなっている。

これは「自分のやった善は善果を生むし、また悪を行えば悪果が返ってくる」という仏教の教えである。主要人物の一人でありブータン人のドルジはかたくなにこのことを信じていた。

しかし、理不尽にもドルジが愛する彼女は愉快犯に殺されてしまう。彼女は死んだ、それなのに、犯人はいまだにのこのこと暮らしている。そんな不公平な世界にドルジが罰を下す。かたくなに仏教の教えを信じ、虫けらでさえ殺せなかったドルジが犯人に復讐しようとするのだ…。

ドルジじゃないけど、僕もときどき思うんだ。この世界は「理不尽さ」や「不公平さ」であふれているし、「因果応報」なんてただの迷信に過ぎないって。世界は不完全で、それでいて不確実なもの。この世界に完全さなんてもとめちゃいけない。

確かドストエフスキーもこんなことを言っていたな。

ぼくはべつに、自分の神さまに反乱を起こしているわけじゃない。それが存在することは知っている。ただ『神が創った世界を認めない』だけさ。

虫も殺さずに生きてきたドルジが彼女を殺されてこの世界に何を見出したのか。そんなことを考えてしまう、ちょっと切ない読後感だった。

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード