ベンチャー投資の実務

4532131367ベンチャー投資の実務―発掘、選別から回収まで
エムヴィーシー 三井物産業務部
日本経済新聞社 1997-06

ファインディング(発掘)からデューデリ(選別)、インキュベーションといったベンチャー投資の大筋が学べる一冊。

もともとベンチャー投資というものは、ハイリスクハイリターンなものであるけれど、その投資のパフォーマンスというのは、投資家個人の資質に依存するところが物凄く大きい。それは、ベンチャー企業の発掘・選別・回収といった全ての手順において、プライベートエクイティ独特の「相対取引」なるものが関係するからである。相対取引では、人脈や交渉力といったことも含めて、広義の意味での「人間力」がとても重要な要素となっている。

本書を読むことで、自分の苦手な分野がはっきりした。それは法務に関わるところである。今後は、会社法中心に勉強を進めていきたい。

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード