スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い意思と愛国心と誇りを学ぶ『シャルル・ドゴール:民主主義の中のリーダーシップへの苦闘』

シャルル・ドゴール:民主主義の中のリーダーシップへの苦闘
シャルル・ドゴール:民主主義の中のリーダーシップへの苦闘渡邊 啓貴

慶應義塾大学出版会 2013-07-14
売り上げランキング : 215057


Amazonで詳しく見る

国家の行動の演出手段としての外交という理解が日本には希薄である。そのことはまた「見識」と「意思の力」の問題でもある。「何をするか」という問いに対してはビジョンが必要であるし、やりとげるという決意があって初めて政策提案には意味がある。

生涯を通じて私は、フランスについてあるひとつの考え方を抱いてきた。理性と同じく感覚的にその考えが私に宿るのである。・・・私の考えるところ、フランスは偉大さを失ってしまってはフランスではありえないのである。

スポンサーサイト
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。