スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せになるための・・・

幸せになるためのイタリア語講座


監督・脚本:ロネ・シェルフィグ
出演:アンダース・W・ベアテルセン
    アネッテ・ストゥーベルベック
     ピーター・ガンツェラーほか 




 ストーリー
 最近妻を亡くしたばかりのアンドレアスが、新任牧師としてコペンハーゲン近郊の町にやってくる。ホテルの受付係ヨーゲンは、上司から、ホテル内のレストランで働く親友のハルにクビを言い渡すよう命じられたものの、なかなかそれが言い出せない。実はヨーゲンは、ハルの下で働くウェイトレスのジュリアにひそかに思いを寄せていた。アルコール依存症の母親を抱え、苦労している美容師のカーレンと、偏屈な父親と長年2人暮らしをしてきたオリンピアは、ここにきて相次いで親を失うが、その後、この2人が実の姉妹だったと判明し、びっくりする。そんな男女6人がイタリア語講座でお互いに顔を会わせ…。

 感想
 見始めてドグマ95の映画だということを知った。ドグマ95とは、デンマークにおける映画運動のことで、簡単に言うと映画を製作する上で「10個の制約を設けて映画をつくろうぜ」ってもの。カメラは手持ちのみ、撮影はロケのみ、人工照明は使わないなど10個も制約がある。なので、派手さや迫力には欠けるけど、雰囲気があって登場人物の感情表現がリアルに感じられる。ミニシアター系が好きな人にはおススメ♪
 身近なことを題材にしていて、自分でも共感出来る部分が多くて楽しめた。もっと大人になってから見返したら更に良い映画だと思えるだろう。(自分の精神年齢が低いだけかも)若干、邦題から連想するイメージと映画の内容が違う感じは受けられたが、恋愛感が大人な人が見たら絶対満足できる映画だと思う。
 
 
 満足度75
 おススメ度(子供な人):★★
 おススメ度(大人な人):★★★★
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸せになるためのイタリア語講座

原題『ITALIENSK FOR BEGYNDERE』主演アンダース・W・ベアテルセン、ピーター・ガンツェラー、ラース・コールンド、アン・エレオノーラ・ヨーゲンセン、アネッテ・ストゥーベルベック、サラ・インドリオ・イェンセン監督・脚本ロネ・シェルフィグ製作2000年、デンマー

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。