中国っていろんな意味ですごいね。part2

日経新聞の8面に面白い記事を発見。
「一人っ子の功罪 中国、高まる男子比率」

話は中国の人口問題について。

知ってる人もいると思うが、中国は以前、人口の増大に悩み1970年代の終わりから一人っ子政策を実施している。その一人っ子政策は人口増を抑制するという点では成功した。けれど、そのせいでいろいろな「社会のゆがみ」を生んでいるという話だ。

中国では女子は結婚したら嫁に行ってしまうために親の面倒は見れない。そのため、一人っ子政策の下では、男子を欲しがる親が増えた。そして、女子の間引き、捨て子などが行われはじめた。また、中国では妊娠中の性別確認を禁じているが、女児を違法に中絶する例が後を絶たない。

調査によると、一人っ子政策を導入する前に生まれた20代半ばの男女比はほぼ同じ。だが年を追うごとに男子の比率が高くなる。現在、0~4才の比率は女子を100とすると男子は121らに達する。このバランスの崩れのせいで、2020年には三千万~四千万人の男性が結婚相手を見つけられなくなる。

中国の人口が急膨張したときの食糧不足などを考えると人口抑制はやむ得なかった。問題は必然的に起こる問題に対して社会保障制度を整えなかったことにある。

違法な中絶、男女比の崩れと将来の嫁不足、老後保障の欠如など、世界最大の人口大国は今なお人口問題で苦悩している。


以上、記事を要約してみた。

国内外にいろんな問題を抱えている中国って、ほんとに面白い国だ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード