世界のクールなCM


「テレビCMの価値が奈落の底」(参照)を読んで。

テレビCMの価値がHDDレコーダーの普及によって、低下してるよっていう話。簡単に言うとHDDレコーダーを持ってる人が録画した番組を見るのにCMスキップをしている人が多くてTVCMの価値が下落傾向にあるってこと。金額にすると約540億円の価値が失われるらしい。

まぁこんな話はどうでいい。だいたいCMなんて、つまらなすぎてもともと見てない。

自分はHDD(ハードディスク)レコーダーなんて高価なものは持ち合わせてないけど、まぁ持ってたら録画したテレビ番組のCMなんてスキップするわな。「自分の好きな番組をとりあえずかたっぱしからHDDに録画しといて、暇なときかつ好きな時間にそれを見る」という視聴スタイルが今後は当たり前になってくる。

そうなってくるとCM業界はたまったもんじゃないってのが上の話なんだけど、まぁそんなのはもう前から分かりきっていたことなので特に思うことはない。

けど、俺が思うことは「日本のCMって何でこんなにつまらない?」ってこと。やっと最近になって、キムタクのFMVのCMや、オダジョーのLifeCardのCMとかストーリー性があって見ていて楽しいってのが出てきたけど、まだまだだ。何でもキムタクや上戸彩を出せばいいってもんじゃないだろ。好感度上位の芸能人に頼りすぎ。

やっぱり「このCMいいなぁ」って感じるのはMicrosoftやIntelやNIKEなどの外国企業のものが多い。CMだって面白ければ「また見たい!」って思う。CM価値がどうこう言う前に、ターゲットをきちんと明確にして、見て楽しいCM、思わず見入ってしまうCM、また見たくなるCMを作ることが先決だと思う。以下、お気に入りのCMを。

    Talk Talkの"Shapes"(要QuickTime)

特に上の2つはもう一回見たくなります♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あたしは人に言わせるとCMになるとテレビを真剣に見てるらしいです。笑
確かに意識してみると日本のCMよりも海外のCMのほうが構成とかすごく凝ってるなって思います。NIKEのCMなんかあたしもすごい好きです♪
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード