スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ


監督:ウォルター・サレス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル
   ロドリゴ・デ・ラ・セルナ







 ストーリー
 1952年。23歳の医学生で後のキューバ革命の指導者エルネスト・チェ・ゲバラと、30歳になるアルベルト・グラナードは、南米大陸を自分の目で見るために、バイクにのって冒険に出る。本でしか知らない南米大陸を、自分の目で見たいという好奇心からの冒険旅行だった。だが所持金は乏しい上、バイクは故障ばかり。2人の旅は困難を極めていく…。

 感想
 素晴らしい映画だった。若き日のチェ・ゲバラが長い貧乏旅行を通じて、南米大陸の人々の生活に触れ、社会の本質に気いていく。やがて、彼には信念が生まれて・・・。その過程が分かりやすく描写されていて、見入ってしまった。南米大陸の壮大な風景・その中で出会う人々・それに触れることによって生じるチェ・ゲバラの心情の変化が映画の骨格となっている。人々との出会いがこれほどまでに青年の心を動かし、その後の人生に影響を与えるものなのか。俺はチェ・ゲバラについては何にも知識がなかったけど、予備知識なんてなくても十分に楽しめる映画だ。
 俺も、大学生の間に色々なところに行って、色んなものを見てみたいと思う。 

 満足度92
 おススメ度:★★★★
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版「モーターサイクル・ダイアリーズ」 ★★★★☆ 監督:ウォルター・サレス 原作:エルネスト・チェ・ゲバラ 、アルベルト・グラナード 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 公式サイト

「チェ・ゲバラ」を知っていますか?

チェ ゲバラ, Che Guevara, 高橋 正 ゲバラ日記 彼の名前は、前からちょこちょこ耳にしていて気になる存在でした。映画をみて、彼の偉大さを知ることとなりました。「チェ・ゲバラ」は、キューバ革命をカストロと成し遂げた人物です。詳しくは

コメントの投稿

非公開コメント

私もつい最近、これ観ました♪お目当てはガエルくんでしたが、それを抜きにしても面白かったです。世界遺産マチュピチュはすごく幻想的で素敵でした。本物はもっと壮大なんでしょうね。
masatoさんも世界観が変わるような旅をたくさんしてくださいね。

これの後の事を描いたチェゲバラ&カストロはまじクソな内容だったぜー

そうだな。いろいろなところに行ってみたいね。特に、タイとか行ってみたい。

無茶苦茶旅に出たくなりますよね、これ観るとw
「チェ・ゲバラ~人々のために」っていうDVDも出ていますが、彼の仲間(アルベルトも含む)や友人のインタビューとゲバラの肉声・写真などで構成されたドキュメンタリーです。ゲバラTで有名な写真が撮られた経緯や彼の逸話等が収録されているので、自分は結構面白かったです。まぁ礼賛チックですがw

>まにゃさん
そのためにはお金を貯めないと。欲しい物沢山あるし、投資にも資金を回したいし・・・板ばさみ状態です。

>kencharo
その後は糞なのか・・・

>keizou
秋にアジア(ベトナムかタイあたり)に行って見ようかと思ってる。

>linさん
やっと見れました(w。感想等を書くにあたってlinさんのHPを参考にしちゃいました(汗「チェ・ゲバラ~人々のために」ですか。機会があったら見てみようと思います。ありがとうございました♪
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。