スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールド・ボーイ

オールド・ボーイ(DVD)


監督:パク・チャヌク
出演:チェ・ミンシク
   ユ・ジテ
   カン・ヘジョン






 ストーリー
 オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。しかし、ある雨の日誘拐され監禁されてしまう。その間、テレビのニュースで、妻が殺されたことを知る。そして彼は妻との不仲から、殺人容疑で指名手配されてしまう。情緒不安定になり気が狂うオ・デス。時間だけがいたずらに過ぎていく。そして15年がたち、監禁から脱出した彼は、自分を監禁した犯人を突き止め復讐することを誓うのだが・・・。

 感想
 この映画は、2004年のカンヌ映画祭でグランプリに輝きタランティーノ監督が絶賛したことで有名になった衝撃のサスペンス。感想はクソ面白れぇ映画だってこと!俺も大絶賛する。この夏、一番心に残る映画になってしまいそうな予感。
 まず、ストーリーの序盤は謎だらけ。実際は謎って言うより「何なんだ?」って感じでキョトンとします。だってわけも分からず15年も監禁されるなんて考えられない。しかし、物語が進むにつれて事態は思わぬ方向へ。最期の展開がまた何とも言えない。あんま言及するとネタバレになるので気になった方は是非、見てみて下さい!
 韓国映画のいい所が前面に出た映画だと思う。特に、主人公チェ・ミンシクの迫真の演技には見せられました。サスペンスとしては衝撃的だった「SAW」よりも全然、こっちの方が面白いです。韓国映画恐ろしや~
 
 満足度97
 おススメ度:★★★★★
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あたしも、観たい観たい…と思いつつ
いまだに手が出ていない映画です。

韓国映画って、こんなにブームになる前から
実はあたしは好きで。
感覚とか、似ているからなんでしょうかねぇ?

数年前、「ペパーミント・キャンディー」という
作品を観たんですけど、これはあたしの中で、衝撃を受けた作品でした。
時代が遡っていくんですよ。
一昨日、伊豆から戻ってくるときの電車で、
行く方向とは逆の方向に座席がある電車に乗ったんです。
だから、トンネルを抜けるんじゃなくって、
トンネルから入って、だんだんトンネルの出口が
遠くなっていく感覚だったんだけど、
それが、この映画のキーポイントになっています。
久しぶりにこの感覚を味わったので、
この映画を思い出していたところです。

内容は、とても暗い話ですが、
是非、観てみてください。。。
っていうか、レンタルとして置いているのかな。
DVDにはなっているみたいだけど…

>アヤさん

韓国映画っていいですよね。なんかストレートに心に響くのが好きです。俺は「猟奇的な彼女」とかが凄い好きです。(ベターだな)

「ペパーミント・キャンディー」ですね!次、TSUTAYAに行ったらチェックしてみます♪またおススメの映画あったら教えてください~
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。