なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

4270000813なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
山口 揚平


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
バリュー投資家さん達の中で、ものすごく評判が良かったので読んでみました。

基本的には、「投機」と「投資」を区別して割安な銘柄に投資をするといういたって一般的な内容。難しい計算式や用語は出てきません。入門書として、他の金融商品がある中で、なぜ「株」がいいのかということもきちんと説明されています。

他の入門書と比べて勝っている点は、「企業価値」を簡単に算出できる方法を説いていることでしょう。これは参考になりました。難しい定量分析・定性分析を行わずに「企業価値」を導き出せるこの方法は便利です。

(ただし、この山口式の算出式には問題があります。それは静的な企業価値は出せるかもしれないが、企業の資本効率・成長性を加味した動的な企業価値は求められないということです。その点を踏まえて理解する必要があります)

また、単に長期投資をすすめているのではなく回転率の概念などをきちんと説明している点は評価できます。

ただ、やっぱり角山さんの本と比べると内容が薄いです。この投資法で今までどの程度のパフォーマンスが出たのか?具体的な銘柄をいくつか上げて説明して欲しかったです。ある程度、目が肥えた人は、机上の理論だけでは納得いかないと思います。

しんさんの本の書評のときにも言いましたが、まず入門書として読むなら角山さんの『超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術』の方を薦めます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>「企業価値」を簡単に算出できる方法
オレは安全域を見る物差しとして使ってるよー。資産ベース(利益含む)の算出だから、これで安全域が大きい上で、資産以外の成長とか財務が優れた企業見てる…。

>安全域を見る物差しとして
確かにね~。ようは資産系のバリュー銘柄に関しては有効だよね。例えば、この前のサン電子にしかりナイスクラップにしかり、流動比率がめちゃくちゃ高くて、現金を持ってるような会社だと、かなり「割安」に判断される。

その代わり、PER20以上の成長株になってくると使えなくなっちゃうんだよなぁ。

だから俺は、どちらかというと板倉雄一郎の式「ROIC-WACC」に着目したい・・・

というかこの概念が分かる経営者のいる企業がいいなぁ。

投資効率の話だと、アセットとかダヴィンチあたりはかなりおいしい銘柄だよね。迷ってるうちに急騰してしもうたが(w
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード