スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道をひらく[松下幸之助]

4569534074道をひらく
松下 幸之助


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「生命をかけるほどの思いで志を立てよう。」

松下グループの創設者、松下幸之助のエッセイをまとめた本です。経営についての本を探していたら、この本がふと目に留まったので買ってみました。

松下幸之助が自分の人生における経験から考えたことや思ったこと、学んだことについて書いたものです。本書の初版が出たのは1968年らしいのですが、彼の考え方は色あせてることなく、現代でも通用するものでした。

読んでいてとても感銘を受けました。

目標に向かって歩んでいく、その途中で何が起きようともそれもまた人生の一部、出会う人全てを敬い、謙虚な姿勢を忘れない。そんな彼の哲学は心に何か訴えかけてくるものがあります。

困難に会い、立ち止まってしまったときにもう一度読んでみたい本です。

「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助は、経営手腕だけじゃなく、人格まで素晴らしい人だったんだなぁと思いました。

学んだ点は多かったです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。