スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら[西加奈子]

4093861471さくら
西 加奈子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちょっと前にヴィレッジヴァンガードで見つけてから気になっていた本だったので読んでみました。

家族愛を描いた作品です。幸せだったある家族に起こったたった一つの不幸。それが、家族に「本当の幸せ」を教えることになるというストーリー。

途中、悲しくて、泣きそうになってしまった。

生きていく上で、「順調にいき過ぎる」ということの怖さを認識しました。やっぱり、人は、小さな挫折やつまずきを経験して成長していくことが大事ってことを知った。そうじゃないと、ほんとに深い挫折を味わったときに立ち上がれない。

そう考えると、ほんとの意味で「強い人」ってのは、何もかもがうまくいって成功してる人じゃなくて、いろんな失敗や障害を乗り越えてそれでも生きてる人のことを言うんじゃないかと思った。

「神様は乗り越えられる人にしか試練は与えない。」

俺はそう信じてます。

本の全体の感想は、まあまあでした。あんましおススメできるものではありません。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あれ?
東京タワーって貸しっぱなしだっけ?
なんか友達が借りたいらしいから気が向いたら返して。

了解。
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。