スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化しすぎた脳

4255002738進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線
池谷 裕二 長崎 訓子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「心はどこにあるのか?」
「意識とは何なのか?」
「記憶の仕組み」
 ・・・etc

脳科学の最前線がとても分かりやすく解説されています。また脳の話しだけじゃなくて、少し哲学的な要素も含んでいてとても面白かったです。

特に、面白かった話は本の題名にもなっている「進化しすぎた脳」という話です。簡単にまとめると、「人間には脳の性能をフルに発揮できるような身体が備わっていない」という話しです。ようは、身体がボトルネックになって脳の性能はされていない。

なぜそうなのかというと、「脳というのは最小限必要な進化ではなく環境に適応する以上に過剰に進化している」ことが原因のようです。それは裏を返せば、いつか未知の環境に出会ったときに適応する「余裕」として捉えることが出来るんだって。

その他、錯覚の話、三体問題、複雑系の話、神経の話、アルツハイマーの話など、面白い話が沢山つまってす。機会があれば、この著者の『海馬』という本も読んでみたいと思いました。

人間の目はほんの限られたものしか感知できない。だから本当は、限られた情報しか見ていないのに「見えている世界がすべて」だと思い込んでいるのは間違い。そういった意味では、私たちが見ている世界は、脳がつくりあげた(人間に固有な特定の)世界である。

正しい知識をいかに持っているかどうかで、アイディアが思いつくかどうかが決まる



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私はこういった脳化学には興味のある人間
なので,ちょっと面白そうですね。
おそらく次に読まれる,「海馬」のブログ
も期待してまってますよ~。

たーさん、こんにちわ。
「海馬」も期待って(w

とりあえず、読みたい本が2冊ほどあるんでそれが終わったら読んでみようかなと思ってます。けど、あんまり期待しないで下さい。

脳科学って不思議で面白かったです。
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。