バフェットとソロス 勝利の投資学

4478631107バフェットとソロス 勝利の投資学
マーク・ティアー 望月 衛


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は、「誰かがうまくやれているなら、それをマニュアル化し、利用することによって誰もがうまくやれるはずだ」と主張するNLP(神経言語プログラミング)の考えを投資に取り入れようとしたものです。

偉大な投資家であるバフェットとソロス、投資方針も違えば活躍の場も違った2人ですが、その2人の考えや哲学の根底には共通点が多々あった、ということからこの本は始まります。

なかばこじつけのような点も否めませんが、2人の共通点を「成功する投資の23か条」とし、成功する投資家とそうでない投資家の考え方の違いなどを説明しています。成功する投資家を目指すのであれば一度は読んでみた方がいいかと思われます。

本書では、バフェットやソロスだけではなく、いたるところでグレアムやフィッシャーやピーター・リンチなどの著名な投資家の言動が紹介されていて、面白かったです。著者がいろいろな文献を読み、そして、学んできたことをこの本にまとめている、そんな感じが見受けられました。

本を読みながら、沢山の発見もしたけど、考えさせられることも多かったです。

私が、この本を読んで最も学んだこと。それは「結局、大事なことは、自分の個性に合い、自分の技術と能力を最大限に発揮できる方法と戦略を利用することだ。」ということです。そのことは、前に読んだ『新マーケットの魔術師』から得たものと一致します。

今後も、既成概念に囚われないで、その「自分に合った方法」を得るために日々精進していこうと思いました。

以下、参考になった点。

意識は心理上の氷山の一角にしかすぎない。意識的に行う思考や判断や行動のすべてに無意識の隠れた感情や信念が強く影響する。

習慣ほど強い力を持つものはない。(オウィディオス)

私達の世界の見方は間違っているか、歪んでいる。(ソロス)

普通、株を購入するとき正しい作業が出来ているならば、売り時はほぼない。(フィッシャー)

自分がなにをやっているか知っておけ。(グレアム)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろそう!
行動ファイナンスの本も読んでみては??

>まりさん

まりさんって投資に興味あったんですか!知りませんでした。でしたら、いろいろご指導の方、お願いします。

>行動ファイナンスの本
ちょっと前に「人生と投資のパズル」という行動ファイナンスの本を読みました。めちゃくちゃ面白かったです。ってか、かなり影響を受けた本です。他になんかおススメあったら教えてください。本屋に直行しますから(w

最近やっと真剣に興味を持ちはじめたばっかり!だからまだ勉強中の身です☆

でも行動ファイナンス読むと余計投資は成功しない気がするんです・・・。

あと、今までまだいい本に出会えてないんで・・・見つけたら書きますね!
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード