スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道 [新渡戸 稲造]

4003311817武士道
新渡戸 稲造 矢内原 忠雄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「武士道はその表微たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である。」

ある方に「是非、読んでみてくれ」と言われたので読んでみました。

読んでみて、その人が何でこれを薦めたのか分かりました。それは私達が失ってしまった大切なもの、忘れてしまった何か、がこの本の中にはあるからです。普遍的な大切なことって、時代を超えても伝わるんだなと思いました。ちなみに、この本が書かれたのは今から105年も昔の1900年なんです。

著者は、あの旧五千円冊の顔である新渡戸稲造です。私は名前しか知らなかったのですが、どうやら世界をまたにかけた学者さんらしいです。(参照

著者の、確かで強い主張は読んでいて心に訴えかけてくるものがありました。まず第一に武士道の起源、第二にその特性と教訓、第三にそれが民衆に及ぼした感化の順で説明されています。その中には、思いやり、情け、正しいこと、間違い、うそ、恥、生と死、名誉など色んなテーマが含まれていました。

取り巻く環境の変化を受けて、日本人のものの考え方や価値観は大きく感化されました。しかし、もう一回考え直したほうがいいのかもしれません。流されているだけじゃないのか。自分できちんと考えてるか。自分が誇れるものは何ののか。少し、感傷的になってしまいました。

一国民の魂がかくのごとく早く死滅しうるものとせば、それは悲しむべきである。知識に基づく発見は人類共有の遺産であるが、性格の長所短所は各国民の占有的遺産である。


最後に、新渡戸稲造は

「武士道はその武勇および文徳の教訓は体系としては毀れるかもしれない。しかしその高名な栄光は、時代を超えて長く活くるであろう。その象徴とする花のごとく、司法の風に散りたるあともなおその香気をもって人生を豊かにし、人類を祝福するであろう。」

と言って、締めくくっています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。