スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカル分析入門

4532110459テクニカル分析入門―株の売り時、買い時を知る
田中 勝博


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、テクニカル分析の重要性をひしひし感じています。そんな最中に、ある優秀な投資家さんが「投資で恒常的に勝つのに、十分条件はテクニカル分析が出来ることだ。ファンダメンタルの分析は必要条件でもないし、十分条件でもない。」とおっしゃっていたので、テクニカルに関して、本気で学んでみようと思いとりあえずこの本を購入してみた。

基礎は、「テクニカル分析123」と「テクニカル分析応用実践編」で勉強してました。(応用実践編はおすすめです。)

本書の内容は「分析入門」の名の通り、テクニカル分析が初めての人のために数々の分析手段を一から解説してくれています。なのである程度、基礎を学んだ人にとっては物足りないと思います。

著者のファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方が大切であるという考えには納得しました。特に、ファンダで銘柄を絞り込んでテクニカルで入出のタイミングを計ることが大切であるということです。確かに、チャートから大きなトレンドを読み取ることや、出来高・価格帯別売買高・信用残などから需要と供給の関係を知ることなどは大切なことだと思います。

本の内容は大したことないので、この本を読まなくても「テクニカル分析123」と「テクニカル分析応用実践編」で基礎は十分だと思います。(><)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。