スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナルの条件[P・F. ドラッカー ]

4478300593プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか
P・F. ドラッカー Peter F. Drucker 上田 惇生


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

藤田晋さんと板倉雄一郎さんが、ドラッカーの本をおススメしていたので読んでみました。本書は、ドラッカーの全著書中、「個人の生き方」と「働き方」に関わる精髄を抜粋してまとめたものです。

板倉雄一郎さんに「彼の足元にも及ばない」と言わしめる現代経営学の父、ドラッカー。彼は経営哲学者や人間学者、未来学者といったいろんな面も持ち合わせているらしい。

とても面白かった。

内容は、今まさに大きな時代の変革の時期にあるという話や、働くことの意味が変わっているという話や、自己実現のためにはどうすればいいかといった話など、いろいろな話がつまっていますが、ドラッカーの数ある著書のいい所取りをした感じが受けれました。

生き方と働き方についてとても考えさせられました。特に、Part3の第1章「私の人生を変えた7つの体験」と第2章「自らの強みを知る」だけ読んでも就職を考えている全ての人におススメ出来る本です。

以下、心に残った言葉。

資本のコストに見合うだけの利益をあげれない企業は、社会的に無責任である。

もはや経済学のいう生産資源、すなわち土地、労働、資本からの競争優位は得られない。

教えるときにもっとも学べる。

投入した努力が少ないほど、いい仕事をしたことになる。

人は、人に何によって知られたいかを自問しなければならない。



未来は今つくるものなんだな、と漠然と思いました。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無料で自己分析テストが受検できます

会員の方へ会員用ページから、自己分析テストが無料で受検できるようになりました。約20分間の性格テストですので、ご都合の良いときに受検してください。※結果報告書のサンプルは、会員用ページから確認できます。詳しい受検方法などについては、検査....

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。