LTCM

4775930214マンガ LTCM
清水アキラ 狩谷ゆきひで


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このマンガは、ノーベル賞受賞者2人に元FRBのナンバー2といった天才達を集めたヘッジファンド「LTCM」が物凄い業績を上げて成功した日々から劇的な破綻に至るまでを描いたものです。

読み物として物凄く面白かった。これがノンフィクションってのが凄い。バフェットやジョージ・ソロスといった著名人からJPモルガン、リーマンブラザーズ、ゴールドマンサックス、AIGなど名だたる企業が登場してきます。最後は全世界を巻き込んで問題は発展していきます。

また、ストーリーだけではなく至る所で、LTCMが駆使した債権のアービトラージ(裁定取引)、VARによるリスク管理など最先端の金融工学のネタが出てきて勉強になりました。金融の歴史、奥の深さが垣間見れました。

アービトラージで市場価格の歪みを最大限の資金効率で収益にするというLTCMの理論は一見、完璧でした。なぜなら、市場の歪みは必ず元に戻るからです。その歪みや非効率性を収益に代える、市場効率仮説のもとでLTCMは莫大な利益をあげます。まさに「リスク=収益可能性」の原則をやぶる歴史的大偉業をなし遂げようとしていました。

しかし、LTCMはその後、世界の金融機関を巻き込んで破綻してしまいます。

天才集団はなぜ間違ったのか?全て完璧なはずだったのにどこに誤算があったのか?

それはLTCMが、「想定されていた乖離の範囲が拡大し、その拡大傾向が明確なトレンドとなり強いモメンタムを伴って止まらないというシナリオ」を想定していなかったからです。ランダムウォークやブラックショールズの方程式、統計学などが予測できない事態=ほんとに僅かな可能性しか起こらない事態が彼らを破産に追い込みました。

後に、LTCMは「相場力学の認識が足らなかった。時間と資金が不足していた。」と言っていたそうです。

正しい投資判断だけでは勝てない、市場は複雑なものなんだなぁと思った。

ソロスが市場の再帰性(トレンドが続くと、標準的な分析手法を使う人たちのほとんどが思っているよりもずっと乖離の範囲は拡大する)を利用して利益を出すのに対し、LTCMがそれによって破綻させられてしまったのは大変興味深かったです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

これ、面白そうですね~。読んでみようかな。
マンガだと理解しやすそうですね。

この本は全然読んだ事が無いのですが、僕らバリュー投資家も「価値」と「価格」の差が収束する事によって利益を得る投資法と考えれば、基本的にはソロスよりはLTCMと同じ考えなんでしょうね。
そのLTCMが破産まで行ったというのは非常に興味深いですね。
思えば、阪神電鉄の株が急騰した時に理論値はもっと下にあるはずだと考えて空売りを仕掛けた人は、その後の逆日歩や村上ファンドの出現によって、踏み上げ相場(理論値では説明出来ない事態)となり、退場者も続出したみたいですし。
やはりどんなに理論的には説明出来ない事でも、一つの事柄に対して過度のポジションは、避けるべきなんでしょうね~。

私は文庫で読んだのですが、面白いですよね。
私のブログでも取り上げました。
LTCMの問題点は「価格と価値は必ず収斂する。」という信念が強すぎた点です。
つまり、適正価格への収斂まで時間がかかることが市場ではよくあり、かつレバレッジをかけすぎていると「いつかは収斂する。」前に追加証拠金が払えず死んでしまいます。
要はこれだけのことなのですが、その程度のリスクは理論に取り入れてくれよ、とも思います。(笑)

これ結局買ったの?

>まにゃさん

結構面白かったですよ。ほんとに。ただ、面白いだけで役には立たないのであしからずw。
バフェットが所々でいい味出してました。それが印象的です。

>らくさん

最後はLTCMの頭脳を持ってしても、破産してしまう。ほんとに考え深い話ですよね。ノンフィクションってのが信じられない。

村上ファンドの話じゃないけど、「相場力学」やソロスが言う「再帰性」を少し学んでみようかなと思います。再帰性については、この前呼んだ「バフェットとソロス勝利の投資学」に書いてありましたが…

>たけ先生

コメントありがとうございます。恐縮です。

LTCM破産のキーワードは「適正価格への収斂まで時間」と「追加証拠金」の二つですよね。そのことについては後で「時間と資金が足りなかった」と反省しているようです。

こんだけの天才チームならそんくらい考えておけよ(wって思いますよね。

過度の自信と、成功への欲の深さがリスクを大きく取りすぎた原因なんでしょうね…。そこら辺は思い当たる節があるので勉強になりました。

>私のブログでも取り上げました。
もちろん読んでますよ。たけ先生のブログを見て面白そうだなと思ったんです。

>tomomasa

さすがにマンガに1680円も払えなかった(w金曜日のバイト前にルミネで立ち読みしました。以外に中身が濃くて時間かかったよ…ort
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード