スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルター少年と、夏の休日 で学んだこと。

『ウォルター少年と、夏の休日』


監督・脚本 : ティム・マッキャンリーズ
出演 : マイケル・ケイン
ロバート・デュバル
ハーレイ・ジョエル・オスメント




ストーリー
 14歳のウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、母の勝手な都合で夏休みの間だけ、テキサスにいる2人の大叔父に預けられる。母親はウォルターに裁判所の記録係になるために学校へ通うため、と言っていたが、それは嘘で実際には男探しに行っていたのであった。そんなこんなでウォルターと大叔父の三人の生活は始まる。
 ある日、ウォルターは屋根裏部屋で、美しい女性の写真を発見する。それを大叔父に問い詰めると、どうやら大叔父二人は、かつてアフリカで素晴らしい体験をしていたらしい。二人の思い出話を聞くウォルターであったが、ちまたで大叔父二人が大強盗であるから気を付けろと言われる。

感想
 「信じることの大切さ」がこの映画のテーマだと思う。ウォルターは母親にいつも嘘をつかれ、何を信じていいのか分からなかった。そんな時に二人と出会う。ネタバレしそうなので、これ以上は言えないけどイイ映画でした。人生の岐路に立たされたとき、自分が信じるものが、自分の行く先を決めるのに大きく役立つということを知りました。何か1つでも自分が信じれるものを持つことが大切なんだと思った。

満足度70%
テンポ☆☆
ストーリー
映像☆☆
笑い
感動☆☆☆
おススメ度★★


20050126235333.jpg

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォルター少年と、夏の休日

原題「SECONDHAND LIONS」(中古のライオン達) 監督:ティム・マッ

ウォルター少年と、夏の休日 Secondhand Lions

アメリカの南部には「ほら話」の伝統があるのだろうか?この作品の舞台はテキサス、「ビッグ・フィッシュ」はアラバマ、「フォレスト・ガンプ」もアラバマ出身だったはずだ。たまたまか。去年、出張のときに見た作品。勧められてみたのだが、思いがけずいい作品に出

ウォルター少年と、夏の休日 ~My Collection~

女性が自立したり、女性の生き方を考えたりという作品が多い反面、男のロマンとか、男たるものとか、映画作品の中でそういう題材をメインにした物は意外に少ない。というか、咄嗟に思い出せない。違った視点から考えると、実生活でもそういうシーンはあるかというと、そんな

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。