スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業への情熱

プレジデントビジョン 起業への情熱プレジデントビジョン 起業への情熱
株式会社ライブレボリューション 増永 寛之


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
GMOの熊谷正寿氏がこのエントリーで紹介していたので読んでみました。このエントリーで私が、日々思っている「知れば知るほど未知も増える」ということをピンポイントで熊谷氏も言っているのはびっくりしました。

人は、「自分は何でも知っている」と勘違いしがちです。僕もそうでした。しかし、本を読むと、自分の「無知」に気がつきます。「もっと、早く読めば良かった!」「こんな事も知らなかったのか!」と自分の薄学さに、いつも反省モードです。自らが「知らない」ということ、それに気が付くことそのものが「学び」なんですね。(参照

この本は、今、ノリに乗っている若手経営者に焦点を当てて、インタビュー形式で応答したものを本にまとめたものです。

どの人の話からも「起業への情熱」がにじみ出てきていて、熱い信念が伝わってきます。なんだかヤル気にさせてくれる本です。起業を考えている社会人だけじゃなく、就職中の学生にもおススメ出来る本だと思います。

どの人にも、自分なりの哲学があって、それがその人を作り上げている。「思考は現実化する」とはよく言ったものです。この人達が実証してくれています。

個人的には、熊谷さんの話が良かったです。

「学ぶとは、いかに自らが知らざるかを知ること」


先日、高校時代の友人から「何がしたいのか分からない。どうしたらいい?」と相談を受けました。気安くアドバイス出来るような内容ではなかったので困ってしまいました。が、一つだけ言えるとしたら、それは「今の狭い範囲の知識、経験からだけでやりたいことなんてそう簡単に見つけられない。」ということです。経験が増えるにつれて、やりたいことが移り変わっていくのが自然な流れだと思います。

じゃあ、いったいどうしたらいいのか?

それは「将来の理想の自分を想像してみる。そして、その実現につながっていそうな道を選ぶ。」ことが大切かなと思います。この本の帯に、村上龍さんが「“desire”を持つこと、その実現を必死に考える」と書かれています。「その実現を必至に考える」という言葉に物凄く重みを感じました。今まで麻雀でしか「必至に考える」ことはなかったので、これからはもう少しましなものについて必至に考えてみようと思いました。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

なるほどなと思いました。
確かに自分の知らない世界を知れば知るほどやりたいことやなりたいものが変化していきますね。
「将来の理想の自分を想像してみる」
なるほどなと思いました。学びました先生。

大事よな。理想。
理想のない現実なんて、つまんないしな。
ま、理想の後がさらに大事なんだろうけど。

>youkoさん
先生ってなんですかw 

>keizou
理想の後…、そんなこと考えたことなかったわ。それよりライブドアショック…ort
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。