スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそマルクスを読み返す

今こそマルクスを読み返す今こそマルクスを読み返す
廣松 渉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かつてマルクスが、資本主義の未来に何を見たのか?とても気になったので『資本論』を学ぶ目的で読んで見ました。マルクスが『資本論』で言いたかったことは、「資本主義のもとでは、労働者と資本家の関係が一種独特の奴隷制度になってしまっている」という告発、批判にほかなりません。

では、マルクスが賃金奴隷制度とまで言う、資本主義の仕組み、労働者と資本家の関係とは一体どういったものなのか?

ここで、資本主義において、資本家に「利益」がもたらされる仕組みを考えてみます。まず、資本家は生産するための設備を購入し、次に労働者に賃金を払う形で労働力を購入し、そして、生産されたものを販売する。この流れを設備を購入したり商品を販売したりする「流通過程」と、実際に商品を生産する「生産過程」の2つに分けます。価値と価格が常に等しい関係である以上、「流通過程」において価値の増幅はおきません。よって、価値の増幅が行われるのは「生産過程」においてということになります。「生産過程」で価値が増幅するということは、労働者が資本家からもらう給料以上に働いているからだとマルクスは言っているのです。価格をともなう全ての商品が、価値通りに売買されるという前提条件のもとで、「剰余価値(資本家から見れば利益)」というものは、労働者の「剰余労働」によってでしか生まれないのです。

しかし、マルクスはこの段階においてはまだ「労働者が資本家から搾取されている」のは労働力商品の特質、商品経済の論理、労働力の所有・使用権を考慮すれば「正当である」と論じています。したがって、このレベルにおいての問題点でマルクスは資本主義を批判しているのではありません。実際に問題なのはこの後です。

労働者が資本家から搾取される仕組みは何も、商品の生産過程だけにとどまりません。労働者は、仕事の現場から離れれば一人の人間で、そこで自由な生活が営なみます。そして、生命を維持したり娯楽を楽しむために消費を行います。この消費には、さきほどまで従事していた労働によって得られた賃金が使われます。賃金が使われれば、労働者は再び、生計を立てるために労働力を売らなければならないのです。したがって、労働者というのは、生産過程においては資本家の利益のために働き、生産過程から離れても、資本家の利益になるように消費を行っていることになります。乱暴に言えば、労働者は資本家のために生きている(生かされている)ようなものなのです。

さらに厄介なのは、かつての奴隷が「鞭の恐怖」から強制的に働かされているのに対し、労働者が「自発的」に働いているということです。労働者はそれぞれの仕事に自分なりの生きがいを感じ、好きじゃなくても「~のために」と賃労働の正当性を自ら与えているのが普通です。また、労働者と資本家は、奴隷と奴隷主の関係と違い、人格的には対等な関係であり、労働者が特定の資本家に身分的に従属しているわけでもなく、別の資本家と自由に労働力の売買契約を結ぶことが出来ます。しかし、彼らは雇い主を自ら選ぶ自由はあるものの、誰かしらに労働力を売らなければ生存することができず、その点で資本家に包摂されているのは否めません。また、省力的な新設備の開発や人口の増加が、労働者の相対的人口増につながり、需要と供給の法則から、労働力商品の買い手と売り手との関係は、買い手(資本家)の方が有利になっているのです。

このような意味から、マルクスは「労働者は包摂的に資本家によって支配されているのと同じであって、資本主義は賃金奴隷制度である」と言っているのです。さらには「そういった、資本家による搾取を防ぐためには、政府による計画経済を行うことだ。」と言っているのです。

色々考えさせられることが多くて面白かったです。つらつら書いてきましたが、マルクスは以上のように問題が沢山ある資本主義が成熟すれば、やがては社会主義・共産主義へと移行するのではないかと考えていたのです。

で、結局世界はどうなったのかは結果を見れば分かると思います。中国におけるマルクス経済学の凋落(参照)を目にする限り、現時点では資本主義が最も優れたシステムであるということは間違いないようです。「資本主義の良さ>資本主義の問題点」の関係が成り立っているのでしょう。(今後どうなるかは分かりませんが…)。資本主義の問題点・矛盾をきちんと理解することは、世界を牛耳っている多国籍企業や、凶暴な資本家を監視する意味でも重要なことなんではないかと思いました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

オススメHPを紹介します!

HP探検隊のサガミです。
一押しオススメHPを紹介します!

「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログみたいです。
姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?

独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。