スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

4480062858ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
筑摩書房 2006-02-07

by G-Tools

今、世界で起きている「ゆっくりではあるが、確実に社会を変えていく本当の変化」を、包括的にわかりやすく解説している本です。その大変化は、もはやインターネットの世界での話にとどまらず、私達が生きるリアルな世界にも大きな変化をもたらすということを身近に感じさせてくれる本です。

ITの発展・進化というと、「急速・劇的」というイメージが強いですが、それを著者は「これから起こる大変化は、長い時間をかけて緩やかにおこるものである」と言っているのが大変興味深かったです。

グーグル、Web2.0、国民総表現社会、ロングテール、不特定多数無限大、群集の叡智、オープンソースといった最先端の考え方・概念は、とても斬新でためになりました。また、そういったネット世界の最先端の考え方をただ解説するだけではなく、著者は日本の社会への熱い思いを語っています。その姿勢にも共感する部分が多く、いい本だなと思いました。

次の文章が、著者の伝えたいメッセージの本質を突いていると思うので抜粋します。

日本もそろそろインターネットの「開放性」を否定するだけではなく、それを前提として「巨大な混沌」の「善・清」の部分、可能性を直視する時期に来ているのではないか。

個人的にはオープンソースの話や群集の叡智の話が面白かったです。オープンソースの本質やグーグルを超優秀な成長企業に押し上げた仕組みなどは、IT企業に限らず全ての企業の将来像にも重なるところがあるのではないかと思いました。

モチベーションの高い優秀な才能が自発的に結び付いた状態では、司令塔にあたる集権的リーダーシップが中央になくても、解決すべき課題に関する情報が共有されるだけで、その課題が次々と解決されていく。

最近、就活をしていて思うことは、どの企業も「優秀な人材」を必至になってかき集めようとしているなって感じがします。(まさに「人財」ですねw)たぶん、上の文ようなことが自然に行われる企業が理想の企業であるということを、たとえ意識していなくても、無意識のうちに、優秀な経営者は気がついているのでしょう。

そんなことを考えていたら、ふとサッカーのブラジル代表のことを思い出しました。まさに「優秀なプレーヤーが自発的に結びついているチーム」だと思うんですがどうでしょうか・・・?そんなチームがもし実在するのであれば、どんなに効率よく組織化されて、どんなに優秀なリーダーが率いるチームでも太刀打ちできないはずです。だって、試合中でさえ瞬時にチームの課題が解決されてしまうんですもん。

と、グーグルとブラジル代表の奇妙な共通点を見出して終わりにします。mixiやブログを使っている人、Amazonで買い物をしてる人なんかは読んでみると面白いと思います。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』

最近は新書が良く売れる傾向にある。話題になる本やベストセラーになる本が多く、文庫に比べて種類は少ないものの、書店にとって無視できない存在になっている。新書の特徴は、小説などでは無く、学問的な内容や、評論、歴史、雑学等を主に取り扱い、少し硬めな内容が多い。

コメントの投稿

非公開コメント

この前言ってた本ってこれのこと?

>kazuki

おうそうだよ♪
おススメ。
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。