スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化し続ける経営

進化し続ける経営―SBIグループそのビジョンと戦略進化し続ける経営―SBIグループそのビジョンと戦略
北尾 吉孝


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の北尾吉孝氏は、ITと金融の親和性に真っ先に目を付けた先見性もさることながら、私が知りうる中では最も経営に対する考えが優れた経営者です。彼がどんな考えでSBIグループを経営しているのかといったことに興味があったので読んでみました。

話の中心にはSBIのことが書かれているんですが、彼の経営に対する考えは、間違いなく、日本で最も先進性があるし、優れているものであると改めて思いました。それもそのはずで、北尾社長はその地位を得ても毎日のように読書や論文を読み続け勉強をなさっているそうです。

本書で北尾さんは何度も「企業価値とは、顧客価値と株主価値と人材価値の総和である」といったことを述べています。これを軸に本書ではさまざまなことが書かれていて、その多くは学術的な裏づけがありとても勉強になりました。

その中の一つとして、株式市場では1つの事業を行う会社(ピュアプレイ)が好まれるというコングロマリット・ディスカウントについて取り上げてみます。これは「経営者が複数の事業をマネジメントするのには限界がある」といった考えから来るものなのですが、GEのような例もあるしなんだかしっくりこないなぁと思っていたら、本書では以下のように説明されています。

それは親会社債権者の子会社債権者に対する構造的な劣後性を反映しているからである。
構造的劣後性には2つあり、1つ目が親会社債権者への支払が子会社の債権者への支払に劣後すること。2つ目が営業資産の大半が子会社に依存し、子会社の清算時には、親会社債権者は担保権を有しないかぎり子会社債権者に劣後すること。

確かに言われてみればそうですね。北尾さんはSBIを持ち株会社に移行するにあたって、このコングロマリット・ディスカウントをいかにして防ぐかということに腐心なされていたようです。(詳しくは本書参考)

その他にも参考になる話はいろいろありましたが感銘を受けたのは次の文章です。(北尾さんが松下幸之助から学んだことを解説している文です。)

企業の社会的責任のなかで、第二の責任といわれているのが「人を育てること」なのだ。

納得。社会に貢献するってことは、何も良いサービスや商品を低価格で販売するってことだけじゃなくて、優れた人材を育成し、世に輩出するという面もあるんですね。ホントに優れた企業ってのは、きちんと「人を育てる」もんなんでしょう。就職するなら是非そういった会社に入りたいものですw

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。