パッチギ!

  パッチギ

監督:井筒和幸
出演:塩谷瞬
   高岡蒼佑
   沢尻エリカ
   






 ストーリー
1968年の京都。府立東高校の空手部と、朝鮮高校の番長・アンソン(高岡蒼佑)一派は、激しく対立していた。アンソンの妹で、フルートが得意なキョンジャ(沢尻エリカ)に心を奪われた、東校の松山康介(塩谷瞬)は、彼女が奏でる美しい曲が、「イムジン河」という朝鮮半島に思いを馳せた歌だと、音楽に詳しい坂崎(オダギリジョー)に教えられる。彼女と仲良くなりたい一心で、『イムジン河』の歌をギターで覚えるが…。

 感想
超感動。あー、やられた。なんだか分からないけど号泣してしまいましたwたぶん、みんなの心の叫びがストレートに伝わってきたからだと思います。特にラストの方は圧巻でした。
リアリティがどうとかは全く問題ではないです。役者のエネルギッシュな演技から溢れる熱い思いが画面から伝わってくる素晴らしい映画でした。井筒監督ありがとうございました。次も期待しています。

 満足度95
 おススメ度:★★★★(好みは分かれる?)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

沢尻エリカちゃんの事僕も記事にしてみました^^

ホントかわいいですよね♪
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード