スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパニッシュ・アパートメント

  スパニッシュ・アパートメント

監督:セドリック・クラピッシュ
出演:ロマン・デュリス
   ジュディット・ゴドレーシュ
   オドレイ・トトゥ







 ストーリー
パリに住む25歳の青年グザヴィエは恋人のマルティーヌを残し、バルセロナへ単身留学。慣れない土地で、部屋探しに苦労する彼がたどり着いたのは、イタリア、ドイツ、デンマーク、イギリス、ドイツと様々な国の学生5人がルームシェアするアパート。家賃の安さだけではなく、その異様な雰囲気に魅了されたグザヴィエは、6人目の住人として、新天地スペインでの生活をスタートさせるのだが・・・。

 感想
多様な個性が交差する"スパニッシュ・アパートメント"で主人公グザヴィエが最終的に学んだことは「好きなことをやろう」ということでした。せっかく留学までして勝ち取った官僚の切符を捨てて、自分の夢に向かって走り出した主人公にとても共感が持てました。勇気をもらった気がします。

「これは新しい出発のストーリーだ。今、すべてがはじまる」

映画の"最後"で使われたこの台詞に監督のセンスが感じられました。映画『アメリ』で一躍スターになったオドレイ・トトゥは相変わらず可愛かったですw

 満足度85
 おススメ度:★★★

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。