スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッチ

  タッチ

監督:犬童一心
出演:長澤まさみ
   斉藤祥太
   斉藤慶太
   






 ストーリー
「南を甲子園に連れていって…」
上杉達也と和也は双子の兄弟。隣に住む浅倉家の一人娘の南とは、小さな頃から何をするにもいつも一緒の幼馴染み。自分たちの明青学園が甲子園に出場することを夢見る南。甲子園出場をかけた高校一年の西東京大会。明青は順調に勝ち進んでいき、待ちに待った決勝戦の朝、和也は交通事故に遭ってしまう…。亡き弟・和也のために達也は明青の新エースとして甲子園を目指す決心をする。

 感想
マンガ『タッチ』はそれを読む人それぞれの楽しみ方があると思いますが、この映画に限って言えば「三人の恋心」がテーマになっていました。新田との真剣勝負や、孝太郎やチームメイトとの友情などはおまけ程度で、あの鬼監督に限っては登場すらしなかったのは残念でした。

とは言っても、2時間の映画に全部詰め込むのはムリな話でして、限られた時間の中で、犬童一心監督はうまくタッチの良さを伝えてくれたと思います。この映画を見て興味を持った方は、あだち充のマンガを読んでみてください。タッチはもちろんのこと、H2とラフもかなりおススメです!

 満足度85
 おススメ度:★★★

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。