スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保有銘柄など株のお話


No 麻雀 No life 」ほどじゃないけど、就活が終わって気が緩んだのか、また「麻雀病」にかかってしまいました。ヒマな時間ができると麻雀がやりたくてしょうがありません。もう病気です。

まぁ、そんな話はさておき株の話です。

レポートなんかを読んでいると、日本株の先行きに懸念を示すアナリストがいないのが不思議なんですが、「デフレ脱却で景気拡大に拍車がかかりそうな日本経済」というものが考えの基盤にあるんでしょう。

しかし、個人的に物凄く心配な出来事が2つあります。

1つ目が「商品市場の活況」で、2つ目が「長期金利の上昇」です。どちらも直接的には日本企業の業績に打撃を与える程のものだとは思いませんが、世界の投機マネーの出入を考えると株式市場に悪影響を及ぼすものであることは間違いありません。

ちなみに1つ目の「商品市場の活況」に関して。商品価格は株式と負の相関関係があるということです。(参照:ジムロジャースの『商品の時代』)

話は変わって、個人的な保有銘柄と監視銘柄について・・・

現在の保有銘柄は以下の2つです。
本命:ワイエイシイ (6298)
対抗:ベンチャー・リンク (9609)

ワイエイシイは、だいこう証券を売った資金でとてもいいタイミング(4月10日)で買うことが出来ました。MSCBで調整していましたが、その資金も有効に使われそうだし問題はなさそうです。株価に関しては調整局面から脱していて、ファンダメンタルズ的にも文句なしだと思っているのでかなり強気です。

購入検討銘柄も以下の2つです。
1番手:TRNコーポレーション (3351)
2番手:フェイス (4295)

TRNも株価は長い調整局面から脱した感じがします。保有銘柄との兼ね合いですが購入を考えています。ビジネスモデルは素晴らしく、今後の成長も魅力なのですがファンド組成に関わっているので、投資事業組合関連銘柄の動向と金利上昇がどう関わってくるのか見極めることが必要かな。

と、ひさしぶりに投資に関してエントリーしてみました。就職活動で少し力を抜いていたので、これからは投資の勉強にも力を入れていこうと思います

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おっ、麻雀好きだったんだ!俺もだよ。「ヒマな時間ができると麻雀がやりたくてしょうがありません。もう病気です。」←激しく同意ww麻雀ほんと面白いよねー。
その株達良さそうだね!今、俺も就活終わり新しく何か買おうか悩んでるとこだから、参考にさせてもらいまーす。

ジムさんの言ってることは、商品価格と株価の相関係数がマイナスの値をとるって事?

学生のころは雀荘でメンバーのバイトしてました。社会人になってからはほとんどやらなくなったなぁ。

masatoさんの注目銘柄2の
ベンチャーリンクは見たことないので今度調べてみようと思います。
ワイエイシイは昔740円で買ったんだけど、すぐやめちゃいました。(;; 持ってれば1年ちょっとで4倍だったんですけどねぇ。
フェイスの情報は手に入ったら随時まわしますね~。

>ボブへ

おー麻雀大好きだよw昨日は20時間くらい打っててマジで死にそうになったw株やってるんだね。いろいろ意見交換していきましょ♪

>加美へ

『商品の時代』には具体的に商品価格と株式市場のパフォーマンスの「相関関数」は載ってなかった。
けど、年次リターンの比較があって、

商品のリターンがいいと、株式のリターンが悪い

という関係がそれから読み取れるようになってた。そういった意味で「負の相関関係」ってジムおじさんは言ってたんだと思う。

>のっぷさん

雀荘で働いていたって、のっぷさんはメチャクチャ強そうですね。
俺はのらりくらり打ってるので高校時代から実力的には何も変わってないんです。壁にぶち当たってる感じです・・・。

>社会人になってからはほとんどやらなく
やっぱり社会人になるとやらなくなってしまうんでしょうね。それはそれで寂しい・・・
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。