スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレード

デイトレード―マーケットで勝ち続けるための発想術デイトレード―マーケットで勝ち続けるための発想術
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

多くの人が絶賛していたので読んでみました。トレードのテクニック書というよりは哲学書といった感じの本です。

本書の主旨は、「いかにしてトレードの勝者になるか」ということだと思います。「投資をしている上で全勝ってのはありえない。負けるときにいかにそれをコントロールして負るか、また、その負けから何を学ぶかが重要である」と主張しています。

投資をするうえでの心の持ち方として学ぶ点が多かったです。特に次の文章が印象に残りました。

どういうわけか、たいていのトレーダーは、なんとなくマーケット全体から株式を買っていると思い込んでいる。彼らは、どこかに株券の山が積んであって、自分達が買おうとしている銘柄は自由に手当てができると思っている。これは間違いである。株式を買うときは、それは誰か別の人から買っているのである。株式を売るときは、誰か別の人がそれを買っていくのだ。

上の文が示唆することはとても重要なことだと思います。投資の目的が利益を得るためであり、それは株式を安い値段で買い、高い値段で売ることで実現されるならば、私達の反対サイドで売買している人は敵であるということです。

自分の取引の反対サイドには、自分も儲けたいと思っている敵がいるということを再認識させられました。その敵が投資銀行であったりプロのトレーダーであるかもしれないということを常に自覚することが大事であると思います。(上記のことを「それは単にデイトレードにおける話でしょ?」と中・長期のスパンで投資している自分には関係ないと思うのは間違っています。)

「勝者は希望を売り、敗者は希望を買う」という本の帯にある言葉の意味が、本書を読み終わった後に分かりました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして、東原です。
素晴らしいレビューですね。
この本は後半で英語版では書かれている具体的なデイトレードテクニックの部分が訳者の都合でカットされてしまっている。時間有れば是非原文を読んでください。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_0071360530/

>東原さん

ありがとうございます。
原著は読んでみたいです!でも6400円もするんですか!!ちょっと厳しい・・・

でも、テクニックはこれから色んな本で学んでいく予定です。

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。