スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中庭園

空中庭園空中庭園
角田 光代


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

美しい淡いブルーの表紙に魅せられて衝動買いしてしまいました。郊外に住むフツーの家庭の陰陽を6人の異なった視点から描いた作品です。

「何事もつつみかくさず、家族で分かち合おう」

そんな誠実で潔い京橋家のモットーが、逆に物語の陰湿な面を強調している気がします。

はたから見れば一つの家族。だけど家族一人一人の目にそれは全く別のものとして映っている。当たり前のことなんだけど、忘れがちなんだよなぁ。そういうことって。

ただ、そのことを家族を構成する当の本人達は気がつかない。著者の手を借りた私達読者のみが知ることが出来る。(ここら辺が、この小説の醍醐味だと思います。)

そもそも家族って一体なんなんだろう?登場人物の1人はこんな風に言っています。

家族ってのは電車に乗り合わせるようなもの。こちらの選択権のない偶然で一緒になって、よどんだ空気のなか、いらいらして、うんざりして、何が起きているのかまったく分からないまま、それでもある期間そこに居続けなければならないもの。

これをどう感じるかは人それぞれだと思うけど、家族ってのは実態のないものってのは確かなことだと思いました。

ちょっぴり暗いムードで語られるこの作品を読むと、家族ってのは空中に浮かぶ庭園のように幻想的で脆いものなんだよってことを否が応でも認識させられます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。