スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十八の夏

十八の夏十八の夏
光原 百合


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表題の『十八の夏』と『ささやかな奇跡』って話が良かったです。どちらも爽やかな恋愛小説でした。

「俺って18の頃、何してたっけ?」って思いながら読んでいました。思い返してみると自分の18には爽やかさなんて微塵もないと気がつくと、少しため息も出ましたが、それでも小説のラストが素晴らしくて最後は清々しい気分にさせてくれました。

いつの間にやらもう22か。まだ気持ちだけは18なんだけどな。

もし、18に戻れるならこの小説の主人公のように爽やかな春の風が吹く土手をランニングする…わけないか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

早速、読んでくれたのですね。
お気に召したなら幸いです(^^)
7月にドラマもあるみたいなので、良ければ観てください!(回し者モード)

>まにゃさん

ドラマ楽しみですね。
どんなキャスティングなんだろ。
って調べてみたら観月ありさか…
めちゃくちゃ見たいって感じではないですねw
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。