キング・コング

 キング・コング

監督:ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ
   ジャック・ブラック
   エイドリアン・ブロディ







 ストーリー
1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナムは、かつてない冒険映画を撮り、映画界をあっと言わせたいという野望を持っていた。ある日、脚本家のジャックと美しい新人女優アンを誘い、撮影クルーとともに航海に乗り出す。船が到着したのは、幻と呼ばれていた孤島だった。樹木がうっそうと生い茂る中で、島に生息する想像を絶する生き物たちを目撃する。

 感想
まるで、『インディジョーンズ』と『ゴジラ』と『美女と野獣』を1時間ずつ結合したかのような作品。精巧で迫力のある映像とは裏腹に、ストーリー展開にかなりの無理があった気がします。だいたいあんな怪物が、他の人間はなぎ倒すのに、美女のアンには一目惚れするという設定がおかしい。まぁ、猿もいっぱしの面食いだったってことで納得するか。正直、あんまり面白くなかったです。

 満足度72
 おススメ度:★

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード