スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える技術・書く技術

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
バーバラ ミント Barbara Minto 山崎 康司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マッキンゼーでライティングのプロとして活躍した著者が、「読み手に、効率よく分かりやすく伝えたい事が伝れられる文章を書く技術」について説いた一冊。

多くの方が賞賛しているように、僕も素晴らしい本だと思いました。「人はこう考えるようにできているからこう書いたほうがいい」みたいことを多くの具体例を踏まえながら分かりやすく説明してくれています。(ただ、本書を読んだだけで、上記の技術が身につくかといえば疑問で、この本の関連図書や練習本なんかと合わせて本格的に訓練しないとなかなか難しいと思います。)

著者が言うには、「人は自動的に、情報をピラミッド構造に整理してから理解している」そうです。そういった理由から、少しでも読み手の労力を減らすように、ピラミッド構造で物事を整理してから、記述することが良いとしていて、その技術について説明しています。

人が頭の中で情報を理解するのに通る道筋に沿って、文章を書き進める。ピラミッド構造であるその技術を簡単にまとめると以下のようになっています。

まず「主題」を述べる。そして、それについて読み手が抱くであろう「疑問」に対して、次の階層で「答え」を書く。そして、その「答え」に対して読み手が抱く「疑問」について、一つ下の階層で答える。以下、それを繰り返す。決して、読み手が「疑問」を抱く前に、その答えを書いてはならない。また、同じレベルの階層にあるものは、論理的に何かしら規則によって並べられている。また、どのレベルのメッセージであれ、それはその下の階層にあるいくつかのメッセージを要約しているものでなくてはならない。

大まかに言うとそんな感じです。(少し大雑把過ぎたかな)まぁ、細かいところは本書を参照してください。

まだ自分のレベルでは「どう書くか」よりも「何を書くか」の方が大事だと思ってるので、そういった意味では少し早まったかもしれません。社会人になって必要に迫られたら、本書をもう一度読んでみようと思いました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。