スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車

火車火車
宮部 みゆき


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミステリー史に残る傑作であり、かつ宮部みゆきの代表作ということなので読んでみました。(ちなみに「宮部みゆきを読むなら『火車』!」と立川のオリオン書房でイチオシされていました。)

休暇中で暇を持て余している主人公の刑事に、親類から「婚約者が急にいなくなったから探してくれ」と相談を持ち込まれたことが発端となって物語は始まります。初めのうちはただの人探しかと思われていたのだが事件は次第にとんでもない方向へと進んでいく・・・。

多くの方が絶賛してるだけあってかなり面白い。謎解きというよりも、壮大な人間ドラマがこの小説の醍醐味だと思います。

また、現代社会の裏に存在する「影」の部分に焦点が当てられていて、その部分のリアリティさに僕は引き込まれました。

現代のクレジットローン破産というのは、ある意味では公害のようなものです。

上の言葉がやけに心に残りました。消費者金融の市場には構造上、重大な欠陥があるということを示唆しているんだと思います。その欠陥にハマって、まるで坂道を転げ落ちるように債務超過に陥ってしまうことを「火車」という言葉が揶揄しているんでしょう。

「自己破産する奴なんて、そいつ自体に問題があるんだよ!」なんて高をくくっている人に是非読んでもらいたい作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「火車」面白いですよね~。「理由」じゃなくてこちらで直木賞を取るべきだったと思います。
この頃の宮部さんの作品は好きでした。
今はちょっとゲーム色強いので・・・。

宮部みゆきって、好きな人多いですね~。
個人的には、もう一歩かなって感じがしました。なんかもう少し哲学的なネタがある方が好みみたいです。

昨日は伊坂幸太郎を読んだんですけど、かなり良かったです♪

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。