デイ・アフター・トゥモローで考えてしまった地球温暖化


デイ・アフター・トゥモロー
監督: ローランド・エメリッヒ
出演: デニス・クエイド
    ジャック・ホール





ストーリー
 二酸化炭素の大量排出に伴う地球温暖化が深刻化する中、古代気候学者のジャック・ホール(デニス・クエイド)は、自らの研究結果をもとに大規模な気候変動を予測する。そして、学会で注意を呼びかけるが相手にされない。しかし、それから数ヵ月後、世界各地が前例のない異常気象に見舞われる。ジャックの予見は現実のものとなっていく。巨大ハリケーンがLAを襲い、大津波がマンハッタンを呑み込む。やがて気温が急激に下降し始め、北半球は氷河期に突入してゆく。そして、NYに取り残された息子のサム(ジェイク・ギレンホール)をジャックは助けに行くが・・・。

 感想
 まあま面白かった。DVDで見るよりも、映画館の大スクリーンで見たほうがより良かったと思う。見所は大迫力の自然災害のシーンだろう。大きな津波がNYを襲ったり、寒波がNYを飲み込む映像はCGをふんだんに使っているとはいえ、見ごたえあった。
 ストーリーは、地球温暖化によって、海流の流れが変わりそれが、地球に氷河期をもたらすという設定で進む。地球温暖化が逆説的に、氷河期を引き起こすことは前から聞いていたので、リアリティもあってよかったと思う。化石燃料を、湯水のごとに使い二酸化炭素を大量に排出する現代文明の行く末を暗示しているようで映画を見終わった後、環境問題に目を向けざるおえなくなった。人類は、この過ちに早く気づき早急に対策を立てなければいけない、といったメッセージが伝わってくる映画だった。って、かっこいいことを言ってはみたものの、全体的には娯楽映画として気楽にみんなが楽しめるものであったと思う。
 
満足度85
テンポ☆☆☆
ストーリー☆☆☆☆
映像☆☆☆☆☆
笑い
感動☆☆☆
おススメ度★★★

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おはよ。

今パニック映画はかなり多くて
話題になってないものも含めるとかなりあるよね。
ストーリー的には面白かったっけど
先はどうなるかって想像がつきやすい。
私も映画見に行きださないので
DVD借りてみてるよぉ・・
色々と。
日記用のBlogで書いてます。

おはようございます

日記用のブログはノーチェックでしたぁ。
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード