風の歌を聴け

4062748703風の歌を聴け
村上 春樹
講談社 2004-09-15

by G-Tools

「あらゆるものは通り過ぎる。誰もそれを捉える事は出来ない。僕らはそんな風にして生きている」

上の一文のおかげで一生忘れられない作品になりました。

そう、あらゆるものは通り過りすぎるんだよ。時間も季節も人も真理も何もかも。僕らが触れることが出来るのはそのごく一部にしか過ぎないし、たとえ触れられたとしても捉えることなんて到底出来ない。

それなのに僕らは、限られた情報しか認識していないにもかかわらず「これが世界のすべて」だと思い込む節がある。

だいたい、ぼくらが認識している世界なんて氷山の一角にしか過ぎないわけでしょ。多くのものは、氷山のごとく深い海に潜んでいるものなんだよ。

本書とは直接関係ないけど、フランツ・カフカは100年前にこう言っています。

もし、ぼくらの読む本が、頭をガツンと一撃してぼくらを目覚めさせてくれないなら、いったい何のためにぼくらは本を読むのか? きみが言うように、ぼくらを幸福にするためか? やれやれ、本なんかなくたってぼくらは同じように幸福でいられるだろうし、ぼくらを幸福にするような本なら、必要とあれば自分で書けるだろう。いいかい、必要な本とは、ぼくらをこのうえなく苦しめ痛めつける不幸のように、自分よりも愛していた人の死のように、すべての人から引き離されて森の中に追放されたときのように、自殺のように、ぼくらに作用する本のことだ。本とは、ぼくらの内の氷結した海を砕く斧でなければならない。

カフカは凄い。カフカの言う通り、ホントに素晴らしい本とは僕らの内の氷結した海を砕いてくれる本だと思う。

本書『風の歌を聴け』は間違いなくその類の本だと思う。それはまるで、(僕らが普段は目にすることが出来ない)心の奥深くに潜む氷を砕くかのごとく僕らに作用する。

素晴らしい本です。村上春樹を読んでみようかなと思ってる方にはページ数も極端に少ないのでおススメ♪♪

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ、村上ワールドに着々とハマってますね~(^^)
私は高校生の多感な時期に読んだので、人生観に大きな影響が出ました。(それが、良かったのか悪かったのかはともかく)
カフカの言葉もとてもいいですね。時間潰しの娯楽も時には必要だけど、基本的には自分の価値観を破壊して再構築してくれるような本を、私もいつも求めています。

>まにゃさん

着々とハマってますよ。自分の中では、(今のところ)村上春樹を越える作家ってのがいないので少し小説の壁を感じてます。村上春樹・村上龍は全部読むとして、その後は一体どうなっちゃうんだろ?って思ってます。でも、まだまだ出会ったことのない作家も沢山いるのでチャレンジしてみようかなと・・・。ホントに読みたい本や小説が多すぎて困りますね(><)

これからは少し海外作家にも手を伸ばしてみようかなぁ。なんかオススメの作家(海外・国内問わないんで)いたら教えてください♪

おすすめ本

オススメを考えてみました。
と言っても、私の読書範囲は狭いので偏っててゴメンナサイ。

村上さんと似た雰囲気を感じる作家は、よしもとばなな、本多孝好です。言葉にグッと来るというか。
よしもとさんは「哀しい予感」「デッドエンドの想い出」「ハードボイルド・ハードラック」あたりが良いと思います。
本多さんは纏う空気も村上さんと似ています。多分、ご本人も村上さんが好きなんだと思いますが。「真夜中の五分前」「MISSING」「MOMENT」がオススメです。

全然、違う系統でハマるのが島田荘司です。ミステリーですけどなぜか何度も読んでしまいます。初期の頃は深くて重いので。シリーズなのでハマると大変ですが。
「異邦の騎士」「御手洗潔の挨拶」辺りから入ってもらえると良いかも。

宮部みゆきさんも心にグッと来る言葉をお持ちだと思います。(「火車」は読まれてましたよね?)
やはり初期が良いので「魔術はささやく」「淋しい狩人」「東京下町殺人暮色」をオススメしたいと思います。

私も海外文学はほとんど読んでないんです。これから読んでみたいと思ってるんですけど。
心に残るかどうかはわかりませんが、やはりダン・ブラウンはスピード感があって面白いと思いますよ。機会がありましたらぜひ。

>まにゃさん

いろりろありがとうございます!まにゃさんはホントいろんな作家知ってますね。僕なんて読書暦1年なのでまだまだこれからですよね(><)
まにゃさんのおかげで読みたい本がまた増えてしまいました。とりあえず、よしもとばななとダン・ブラウンを読んでみようかな~。
カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード