スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王

魔王魔王
伊坂 幸太郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「考えろ考えろ、マクガイバー」

困難にぶくかるとそう言って自分を奮い立たす主人公の安藤。上の台詞が本書のキーフレーズになっています。

舞台は不況にあえぐ日本。行き先が見えない不安、漠然とした閉塞感、そういった国民のもやもやの矛先は政治家に向けられようとしていた。そんなタイミングで強烈なリーダーシップを持つ犬養を党首とする新党「未来党」が誕生する。

「5年で日本を変える。もしできなかったら私の首をはねればいい」と豪語する犬養はそのカリスマ性を武器に国民の絶大な人気を得ていく・・・。全国民が犬養支持へと傾く中、安藤は一人だけそんな犬養にただならぬ恐怖を感じていたのだった。

ストーリーはこんな感じです。

誰しもが思考を停止しただ流れに身を任せて生きている時代、「考えろ考えろ」と自分に言い聞かす主人公にはとても共感が持てました。

本書は魔王「犬養」に挑む兄弟の物語です。絶妙な兄弟関係は伊坂幸太郎の真骨頂だと思いました。以下、2人の会話から気に入ったところを抜粋。

「兄貴、俺さ、『今まで議論で負けたことがない』とか、『どんな相手でも論破できる』とか自慢げに話している奴を見ると、馬鹿じゃないかって思うんだよね」

「どうしてだ」

「相手を言い負かして幸せになるのは、自分だけだってことに気づいてないんだよ」


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。