投資ファンドとは何か

4569655092投資ファンドとは何か 知っておきたい仕組みと手法
北村 慶
PHP研究所 2006-07-19

by G-Tools

不動産投資ファンド、ヘッジファンド、企業投資ファンドといった投資ファンドの仕組みを解説した本。

面白いなと思ったのは「メイン・ストリーム化のジレンマ」という話です。

投資ファンドというものは、常に超過リターンを探し求めているものである。あるところやある手法にその超過リターンが見つかると、投資ファンドの性質からしてそれはすぐに一般化されてしまう。ひとたび一般化してしまうと、そういった特異な収益機会というものは失われ、パフォーマンスは低下していく。

要するに、どんな優秀な投資ファンドによる投資手法も、避けられぬメイン・ストリーム化によって陳腐化してしまうということになる。近年、高いパフォーマンスを誇っていた不動産ファンドにしてもそのジレンマから逃れることは出来ないということだそうです。

そういったことを踏まえて著者は、投資ファンドとは「絶え間なく新たな収益機会や運用機会を発掘していく仕組みである」と主張していました。

個人的には、投資ファンドは価格の歪みを訂正し平らにしていくという性質を持っていることから「世界をフラットにしていく仕組み」なんじゃないのかなぁと思いました。

グローバルな観点に立てば、後発国に投資をするということはやがては後発国と先進国の差異を失くす方向に作用するということです。

資本主義が差異化を永遠に止めることが出来ないという性質を内在しているのに、投資というものがその差異を失くすように働くというのは何とも奇妙な関係に感じられました。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Private equity fund)は、企業への投資(主に株式の取得)により、再生・分割・株主権利の行使を行い、企業価値を向上させた上で、売却益による利益獲得を目的とする投資信託の一種。.wikilis{font-size:10px;c

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード