スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノット・ア・ガール 友情っていいね。


ノット・ア・ガール

監督: タムラ・デイヴィス
出演: ブリトニー・スピアーズ
    ゾーイ・サルダナ
     タリン・マニング



 ストーリー
 「私たちはずっと親友ね、この友情は永遠よ」とある公園の木の下、3人の少女が、タイムカプセルを埋めていた。永遠の友情と、高校卒業の日にこの箱を開けることを約束して。やがて8年の歳月が流れ、約束の日がやって来た。ルーシー(ブリトニー・スピアーズ)は父親の期待通り高校を総代で卒業し、よく言えば優等生、悪く言えばカタブツ。未だに立派なバージン。一方、ミミ(タリン・マニング)は18歳にして妊娠中。キット(ゾーイ・サルダナ)も遠距離恋愛中の彼と婚約している。3人でカプセルを掘り出したとき、突然ミミが「新人歌手のオーディションのためにロスへ行くから一緒に行こう」と言い出す。
 
 感想
 青春時代を生きるということの素晴らしさが凝縮されていてイイ映画だった。父親の言うとおりに今まで生きてきたルーシーは最後に、初めて自分で自分の生きる道を選ぶ。ありきたりなストーリーだったかもしれないけど、感動しました。親子関係、恋愛、結婚、妊娠、友情、性などいろんなテーマが詰まってる映画でした。男女問わず楽しめる映画だと思うのでカップルで見るのにお勧めです。ディズニーシーなんて行かないでこの映画を見ましょう。らっちゃん。
 ブリトニーはこの映画が初めての映画出演だったらしいけど、等身大の女の子を自然に演じていてとても良かった。

満足度90
テンポ☆☆☆☆
ストーリー☆☆☆☆
映像☆☆
笑い☆☆☆
感動☆☆☆☆
おススメ度★★★★

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。