Life Hacks PRESS

Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
田口 元、安藤 幸央 他 (2006/03/23)
技術評論社
この商品の詳細を見る

(ハイエクの重い話はひとまず置いといて、軽い本を・・・)

話題のLifeHacksの本。LifeHacksとは、直訳すれば「Life(生活)をHack(攻略)する」という意味になる。定義の仕方にはさまざまなものがあるようだけど、言うなれば「生活における時間や仕事の効果的かつ効率的な管理の仕方」といったところだろうか。

本書ではそのLifeHacksの具体的な例として、GTDという仕事術や、BlogやGmailやソーフャルブックマークなどの便利な使い方を紹介している。個人的にGTDというものに興味が沸いたので、GTDの概念というかそれが発案されて背景について考えてみる。

GTDの発案者であるコンサルタントDavid Allenによると、GTDの概念の基盤になっているのが次の考えだという。

「ストレスに押しつぶされた頭からは新しい発想は浮かんでこない。創造的かつ生産的な生活を送るにはそのストレスからどう解放されるかが大事」。

以下、ストレスについてのAllenの考えを箇条書きにしてみる。
  • 知識社会では作業の終わりがどんどん曖昧になってきている。
  • 「終わり」が定義しにくいので、「Open Loop」(閉じていない輪)なるものが増えている。
  • その「Open Loop」がストレスの元となっている。
  • よって「Open Loop」をいかに「Closed Loop」にするかが重要である。

さらにAllenによると「人の頭は、よく忘れるし、しかも忘れたことを後からよく思い出すという性質を持つ。Open Loopが頭の中にある限り、あなたの頭はクリアにならない」らしい。確かに言われてみれば、そんな感じがするなぁと妙に納得。頭をストレスから解放してあげて、クリアな状態にすることが大事だということ。そのくだりの中で以下の言葉が印象に残った。

頭はCPUであってHDDではないのです。溜めるべき場所はきちんと頭の外側に用意する必要があります。

このことはとても重要なことのように思う。「頭は知識を詰め込むところじゃない、考えるところなんだ」ということを再確認させられた。そう、知識なんてまとめて"はてブ"にでも詰め込んでおけばいい。大事なのは「考える力」なんだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード