スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動きだしたネット銀行のすべて

図解 動きだしたネット銀行のすべて図解 動きだしたネット銀行のすべて
富士通総研


Amazonで詳しく見る

金融システムの中核としてはもちろんのこと、僕らの生活インフラとしても欠かせなくなっているもの。それが銀行である。今後、通信技術・ITの進化が、この銀行業にどのような変革を及ぼすのか?気になったので読んでみました。

個人的な話になるけど、僕は数年前からイーバンクを使わせてもらっている。最初のうちは遊び半分で使っていたのだが、これがまた便利で、最近は生活の一部として欠かせないものとなっている。自宅からでも簡単に残高を確認することはもちろんのこと、格安の手数料で振込みなんかも出来てしまう。ネット証券との親和性も高く、リアルタイム入金なんかはとても助かっている。

既存の銀行と比べてネット銀行にはいくつかの強みがある。それを大きく分けると、「コスト面での優位性」と「ネット特有の便利性」、この2つに集約される。リアルな店舗を持たずに済むこと、人員が低く抑えられること、何処からでもアクセス出来ること、リアルタイムに入出金が出来たり残高を確認出来たりすること、こういったことも全て上に書いた2つの強みから派生したものだ。

ネット証券が出てきたときにも言われたようだけど・・・、こういった便利なサービスは全てネットを介することで実現しているのだけれども、その一方で、サービスの利用者にはそれ相応のリテラシーが求められることになる。言い換えると、ネット証券やネット銀行といったような様々な新しいサービスの恩恵を享受するには、それなりのリテラシーがいるということなのだ。

関連記事

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。