スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブは資本主義を超える

ウェブは資本主義を超える 「池田信夫ブログ」集成ウェブは資本主義を超える 「池田信夫ブログ」集成
池田 信夫


Amazonで詳しく見る

本書は、池田信夫氏のブログを一冊の書著にまとめたもの。

池田氏が言及されている分野はIT・通信・メディア・経済政策・歴史認識・国家統治と多岐にわたる。そのため話が複雑になっているが、氏の主張の根底には「既得権や政府・官僚がもたらしている負の一面をしっかり認識しろ」という強い思いがある。

例えば、放送免許の問題にしてみても「民放大手各社が莫大な既得権益を得ているために国民の多くが損失を被っている。そして、多くの国民がそのことを知らない。」ということを、池田氏は独特の文体で僕らに訴えているのである。

そして、貴重なのは池田氏のような知識や経験を持っている人物が、国民の「こちら側」に立って真実を語ってくれている点にある。メディアなんかがいい例だけれど、得てして多くの場合、知識者は権力者であって国民の「向こう側」にポジションを取っていることが多い。このような場合、何も知らない、そして知ることが出来ない多くの国民は少数の知識者・権力者のいわば言いなりとなっているため不利益を被っていることが多い。

池田氏のような身近な革命者の登場は、ウェブの発展と大きな関わりがある。氏の登場は、ウェブがもたらした「中央集権的な資本主義社会から個人中心の自律分散的な世界への構造変化」の過程でいわば必然的・運命的なものがあったように思う。

長い目でみれば、ウェブがもたらす未来にはいまだ未確定要素が多い。しかし、Googleをはじめとした昨今の流れは、社会や国家のあり方を考える上で、とても重要な出来事であると思う。それは歴史的に見ても一大事である。池田氏が僕らに示したくれた道の先に、資本主義を超える何かを見た。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。