ウィニング 勝利の経営

ウィニング 勝利の経営ウィニング 勝利の経営
ジャック・ウェルチ スージー・ウェルチ 斎藤 聖美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

20世紀最高の経営者とうたわれるジャック・ウェルチの著書。平たい口調で自身の経営哲学について語った一冊。

印象に残ったのが、従業員を能力によって3つの階層に分ける「選別」という考え方。彼の極右的な性格がGEの経営にも色濃く出ているのが分かった。

私は常に率直であれ、言うべきことを言おうと主張してきた。言うべきことを言わなければ、いいアイデアや迅速な行動が邪魔され、優秀な社員が会社に貢献しようとするのをやめてしまう。こいつが会社を殺すと言っていい。

やっぱり組織にとって「率直に言いたいことを言える風土」というのはとても重要。組織が大きくなればなるほど率直さよりも気遣いを要求される。社員一人一人が過度にリスク回避的になれば、社員の成長はもちろんのこと会社も終わったも同然。

ジャック・ウェルチ。まさにリーダーの鏡のような人物。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード