スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

4479791779自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート 金森 重樹 冨永 星
大和書房 2006-10-19

by G-Tools

自分を欺き、他人を人として見ないでいる闘争状態を「箱に入っている」と表現し、「箱」から出る方法と、「箱」の外にいつづける方法を解説している本。

自分の感情や考えに背くこと(=自己欺瞞)に陥った人間は、自己正当化をはじめ、自己の正当化のために他人を攻撃してしまう、という負のサイクルの説明がこの本には詳しく書かれている。重要なのは「箱」から出ること。箱の外側にあるものに抵抗しちゃだめだ。

人間関係に関するあらゆる問題の原因が実は自分の内側にあることに気づかせてくれるという意味では、『鏡の法則』と一緒。

自分にウソをつくのはやめよう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。