リエンジニアリング革命

4532191548リエンジニアリング革命―企業を根本から変える業務革新
Michael Hammer James Champy 野中 郁次郎
日本経済新聞社 2002-11

by G-Tools

リエンジニアリングとは、コスト・品質・サービス・スピードのような、重大なパフォーマンス基準を劇的に改善するために、ビジネスプロセスを根本的に考え直し、抜本的にそれをデザインし直すことを言う。特徴は、通常のリストラが仕事のプロセスには手をつけずに、競争優位の回復をめざす試みであるのに対し、リエンジニアリングは仕事のプロセスそのものを根本的に変えることによって、業績の劇的な向上を計るものである。

こんだけ景気が悪くなってリストラをやる企業が出てくると、組織の統廃合をすすめるとともにビジネスのプロセスそのものを見直さないといけない場面が出てくるんだろうな。けどそういったことってのは時には必要だと思う。そう考えると、大不況ってのは組織や人員の新陳代謝を高めるという面においては定期的に訪れたほうがいいのかもしんない・・・。

官僚化した大組織というのは多くの場合、全体最適になっていない。より重大な問題は、各人が部分最適ばかりに目をやっているせいで全体の最適化を目指そうとしていないことだ。仕事のプロセスと組織構造を抜本的に見直したい方は読んでみるといいかも。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード