次世代マーケティングプラットフォーム

4797348844次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの
湯川 鶴章
ソフトバンククリエイティブ 2008-09-27

広告はテクノロジーの進化を受けて、よりパーソナライズされ、より販促的な意味合いが強くなっていく。広告配信業務の多くがテクノロジーに取って代わるためクリエイティブの重要性は相対的に落ちていくよ、ということを主張した一冊。

<メモ>
・APSとSaaSの違いは、ASPはシングルテナント、SaaSはマルチテナント。ASPは一つのソフトウェアを1社の顧客のために1ヶ所のサーバー、データセンターで運用していた。顧客企業のソフトウェア維持、運用の代行サービスでしかなかった。一方で、SaaSは、複数の顧客のシステムを1つにまとめて運用することで、システムの効率化、強化が可能になっている。

・クラウドコンピューティングの分野で伸びている企業は、Salesfoece.com、Slype、テレビ会議のWebEx、人事アプリケーションのWorkday、マーケティングシステムのXactly。

・デジタルサイネージもディスプレイ価格の低下を受けて、採算の合うビジネスとなっている。

電通のライバルはGoogle、Omniture。たぶん、これらの企業に電通は勝てない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード