ジェームス・キャメロン:「アバター」を生み出した好奇心(TED Talk)

テーマ:経営
キーワード:芸術、好奇心、マネジメント、リーダーシップ
おススメ度:★★★★(TEDに興味があるなら見るべき。定番。)

最も影響力のある映画監督"ジェームズ・キャメロン"

ジェームズ・フランシス・キャメロン(James Francis Cameron, 1954年8月16日 - )は、ターミネーター、タイタニック、アバターなどの超メガヒット作品の監督を勤めたハリウッドで最も影響力のある映画監督。

世界はより良くなっていく

TEDでは、自身の原動力となっている好奇心について、チームを率いるためのリーダーシップ、挑戦することの大切さについて語っている。常に新しいアプローチで映画制作に臨む。幾度となく難易度の高い挑戦を自らに課し、それを乗り越えて成功させている。また、チームメンバーへの尊敬の念についてもその重要性を説く。

失敗は選択肢の中にあり選択肢にないのは恐れだと主張する彼の言葉からは、リスクを取って挑戦することが大事だ、恐れるな、という熱い思いが伝わってきた。

要点抜粋

最も重要な事は お互いに対する敬意であり それぞれが 他の誰にも説明不可能な課題を克服しているんだという尊敬の念だと 気づきました。

チームを尊敬し彼らからも 尊敬を得られるよう努めました。これは本当に原動力を変えました。

チームからの尊敬は 世界中のどんな栄誉よりも重要なのです。

NASAの好きなこんな文句があります 「失敗は選択肢にない」。でも芸術や探求においては選択肢であるべきです。信じて飛び込むべきなんです。革新的な試みは全てリスクを承知で実行されてきたのです。このリスクは自ら引き受けるべきです。最後に申し上げたいのは何をするにしても失敗は選択肢であり選択肢にないのは「恐れ」なんです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード