スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド流☆モテる技術

4799311204ハリウッド流☆モテる技術
マックス桐島
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-01-16

映画プロデューサーのマックス桐島氏によるハリウッド仕込みのモテ本。

マックス桐島って誰やねん!ってことで調べてみたら・・・、「日本人有数のハリウッド・プロデューサー。ハリウッド映画13作品をプロデュース。1970年代に、映画製作を夢見て高校生で単身アメリカに渡る。UCLA映画学科、2年半に渡る世界92カ国放浪、ハリウッド俳優を経て、1990年、机と電話だけのガレージオフィスで映画ビジネスを始める。」と書いてあった。うーむ。

工程より結果を重視する男と、結果より工程を重視する女とではロマンが根本的に異なることを理解するなど基本的なことは網羅されている。以下、印象に残ったモテトーク集。1日1回復唱しよう(笑)

1)「好きだな、そういうの・・・」
実は女性をイチコロにする破壊力を秘めたあいづち。好意をさりげなく伝える使えるテクニック。

2)「いいね!男はそういうのに弱いんだよ・・・」
女性として魅力を認められたような気がして心地よい。好意をさりげなく伝える使えるテクニック2つ目。

3)「余裕があるね」
女の子は”優雅さ”と”ゆとり”があることを心ひそかに目指している。

4)「もし、あなただったら・・・」
自分を尊重してくれるということでエゴをくすぐる。もし君だったら・・・、の方が良さげ?

5)「旅が好きそうですね」
女性は”旅”という単語にロマンを感じやすい生き物。旅番組にハマる人も多い。旅好きイコール”人生を楽しんでいる人”というイメージを描く女性にとって、この一言は自己意識を高めてくれる。

6)「まるで映画みたい」
ラブコメ映画のヒロインに憧れるのは女性の常。どんな褒め言葉よりも心に刺さる。

7)「なにか、特別な健康法を知ってるの?」
バイタリティがある、いいエネルギーが感じられる、外見が健康的というイメージを持たれることは、”ヘルシーな女性”という勲章をもらったような、いい気分になるから

女性を理解する、ここまでは何となく出来てきた。
今後は、上記のような具体的なテクニックを覚える。そして実践していくのみ!!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。