スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が「白熱教室」で学んだこと

4484122073私が「白熱教室」で学んだこと ボーディングスクールからハーバード・ビジネススクールまで
石角 友愛
阪急コミュニケーションズ 2012-03-09

著者である石角さんは、16歳で日本の高校を中退後、アメリカへ渡ってボーディングスクールハーバードビジネススクールを経てGoogle本社へ入社した女性。本書はそんな彼女が、海外留学という枠を超えて「学び」の本質について記した一冊。

私たちが勉強するのは、一体何のためなのでしょうか?

本来の目的は自分の人生のためだと思います。望むからこそ、私たちは勉強し、自分自身がより高い存在になることを望むのです。

何のために勉強するのか?それは、人生の成功のため。では成功の定義とは?彼女はこのように言う。

私にとっての成功とは、自分をよく理解し、他者に影響を受けることなく自分らしいオリジナルの人生を追求し、仕事や家庭、社会への関与により誰かの生活をよりよくする変化を起こすこと

自分の成功とは何なのか、自分の頭で考えることが凄く大事で、その"考える能力"を鍛えるのがアメリカのエリート教育の本質なんだと思う。だから哲学のある優秀な人が多い。

自分の成功とは何のかを考えるきっかけになった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。