スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年6月号『到知』一灯照隅

201306-cover.jpg

マクドナルドの原田社長のコメントをメモ。

戦略は選択と集中をすること

経営資源であるヒト・カネ・モノは有限。それをどれだけ選択と集中できるかが勝負。だからあれもこれもやれというのは戦略じゃない。

だいたい業績が低迷している時、新規ビジネスをやって現状を打破しようとなりがちで、結果、経営資源が分散する。これが一番危険。

リサーチでは戦略は立てられない

お客様に「どんな商品が欲しいですか」とアンケート調査をすると、必ず「ヘルシー」とか「オーガニック」など健康重視の意見が集まる。ところが、「サラダマック」は失敗に終わり、通常の2.5倍の肉を使った「クォーターパウンダー」が爆発的に売れる。これらなんかはマクドナルド「らしさ」を取り戻したから支持された。

こういった事例から分かる通り、お客様というのはおっしゃることと行動が必ずしも一致しない。だからこそ、「これは絶対にいける」という自分の信念、大きなインパクトでお客様をナビゲーションすること。これまでの経験でそう感じている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (436)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。