スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況時に買い好況時に売るを学ぶ『稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法』

稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法
稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法竹中 正治

光文社 2013-05-18
売り上げランキング : 181047


Amazonで詳しく見る

本書のポイントは「株式や不動産などのリスク性資産は不況時にこそ買う。好況が続いて割高になったら売って減らす」。これに尽きる。

リスクを減らしながら投資リターンを向上させるためには、好況時の株売り・債権買い、不況時の株買い・再建売りというポートフォリオの調整がカギになる。

2通過の物価指数で計算される為替相場の理論値を相対的購買力平価(PPP)と呼ぶ。市場の為替相場はPPPから短期的、中期的に乖離と回帰を繰り返す。

不動産価格の割高・割安は、不動産価格に比べると遥かに安定している賃料との関係で見抜ける。不動産物件がもたらす将来にわたる純収益の現在価値の総和が当該物件のファンダメンタルな価値であり、市場価格がそれを下回る不況期が投資の好機であり、市場価格が割高になる好況期が売りの好機である。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。